忍者ブログ

おいしいストーリーと料理のレシピ

創作料理が大好き。美味しい物を作りたい!色んな人の美味しいレシピも知りたい!そんな気持ちから生まれた食いしん坊なブログです。※リンクフリーです。リンク歓迎します♪

11/25/18:44  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/25/16:55  大根カップのピビンミョン♪シコシコ麺を優しい辛さで…

こんにちは。はるちゃんです♪

 

私は辛い料理が、好きなのですが、ダーリンは苦手。韓国料理は、パスされる事が多くて…でも食べたい!

韓国冷麺のピビンミョン(ピビン麺…細くって、そば粉入り…混ぜ麺に使われる)を、大根をくり抜いて作った、優しい味のカップに入れてみる事にしました。

ふろふき大根のカップを崩しながら、薬味などと混ぜながら、食べるので、辛さが柔らかくなります。
ふろふきは、ちょっと変わった作り方で、冷麺のスープになるため、ひとかけの生姜入り。スープ(タレ)の作り方を知っているわけでは無いのですが…きっと合うのではないかと思います。

トッピングは、別の器にも、沢山用意して、エゴマの葉や、コチュジャンをターップリ乗せて食べるのが、私は美味しいかな…と思いますが、好みもありますので、別に用意しておくと、各自調整出来ます。

材料;韓国冷麺ピビンミョン(1人前を2人で食べる位が、ふろふきカップに丁度良い量です)、大根、カツオだし、みりん、酒、だし醤油、米のとぎ汁、生姜、えごま(葉と実)、コチュジャン、しその葉、みょうが、スモークタン(ハムでも)、糸とうからし(煮物の上に散らせる細いタイプの唐辛子)

①ふろふき大根を作る。カップになるように、中身をくり抜いた大根を、米のとぎ汁で炊く。大根が透き通ってきたら、お湯を替えて、みりん、酒、カツオだし、ダシ醤油と、生姜のスライス2~5枚を加え、コトコト煮込む。煮崩れないように。大根が柔らかくなったら、煮汁につけたまま、冷ましておく。

②薬味の準備をする。えごまの葉と、しそは刻んで合わせておく。えごまの実は、軽く炒って香りを出す。みょうがは細い千切りに。

③冷麺を指定の時間より、やや長めに茹でる。好みの茹で加減で。流水で洗い、冷やしておく。

④スープを作る。ふろふき大根の煮汁に、コチュジャンを加える。ここで…味をみておいて下さい。

⑤冷麺を大根のカップに盛り付け、スープを上からかける。トッピングをする。エゴマの実は食べる直前に振る。

スープをほどほどの辛さに作っておき、好きな味にコチュジャンを溶きながら頂くと、楽しく、とても喜ばれると思います。ふろふきのカップ、おすすめです。

 ↓応援ぽち、よろしくお願いします。とても励みになります。

 にほんブログ村 料理ブログへ

PR

01/05/15:11  はちみつタレのレシピ2種;鏡開きにも…

こんにちは。はるちゃんです♪

最近、TASMANIAN HONEY社の「タスマニアン メドウハニー」なるものを購入しました。しばらくキッチンで眠っていたのですが、今日味見してみました♪

これは!うんま~いぃ!!

美味しいって言うより、旨い。そんな感じです。甘いだけじゃなくて、強めの酸味がアクセントになっていて、豊かな味わいです。色の濃いはちみつ独特の風味もしっかりあります。オーストラリアのタスマニアと言えば、タスマニアンデビル位しか思いつかなかった私ですが、世界遺産にもなっている自然に恵まれた島だとか。

「メドウ」とは草原という意味で、クローバー蜜などにも「メドウ」の名称がついている事があります。この「タスマニアン メドウハニー」は色んな花から採取されているので、むしろ日本の百花蜜に近いかも知れません。見かける事があったら是非お試し下さい。後悔しないと思います。

思えば、はちみつとの出会いは…

子供の頃、嫌々母に連れられて、はちみつ屋に行っていました。はちの子とか、蜂の巣が置いてあって、それが怖くて…幼心に恐怖心が沸いていました(^^;子供の頃のイメージは「はちみつ=蜂=ちと怖い」

大人になってから、フランスの「プロバンス産ラベンダー」から採れたものを味わって以来、はちみつの奥の深さに目覚めました。ラベンダーのものは、甘さがすっきりして酸味も程良くて、香りもハーブらしい優しさ。適度にクリーム状に結晶している上物だったので、とても気に入って2回ほど購入しました。

その後、色が濃くミネラル豊富な、地元の「ソバ」のはちみつにハマったり、胃が悪い家族の為に、ピロリ菌を抑制すると言われるニュージーランドの「マヌカハニー」を料理に使ったり。はちみつは、コーヒーや料理にも合うんですよね。特に「タレ」などは自然なとろみがあるので、なかなか使いやすいです。片栗粉を使ってとろみをつけなくてもOKなんです。ちょっとラクチン♪

今日は、はちみつを使った2種類の「タレ」をご紹介しますね。いずれも混ぜ合わせれば完成です。

☆おもち、おだんごのタレ

材料;はちみつ(小匙1)、お醤油(小匙1)、オリーブオイル(ひと垂らし)

☆ごまのマヨダレ(茹でた鶏肉、温野菜、スティックサラダ)

材料;はちみつ(小匙1)、お醤油(小匙1)、マヨネーズ(大さじ2)、すり胡麻(黒)(大さじ2)、一味唐辛子少々

お好みで分量の調整をして下さいネ。色んなものにかけて使えると思います。

ところで最近は国産のはちみつが激減しているそうですね。養蜂家には厳しい環境になっているそうです。日本全国、花を求めて移動するのも大変な事ですし…。ちょっと蜂さんに気遣い、農薬など、蜂への影響を考慮した製品を選ぶ事も大事かも知れません…。空からの散布による蜂の大量死もあるそうです。(;;)

ランキングに参加しました。クリックしていただけると嬉しいです♪ありがとうございます。

にほんブログ村 料理ブログへ 

12/23/22:52  クリスマスのごちそう…③その他のお料理

こんばんは。はるちゃんです♪

今日は福岡県まで遊びに行きました。「一蘭」というラーメン屋さんの大ファンで、一年に一回は必ず食べにいくのです。

「一蘭」は何件かあるのですが、私が行くのは天神店。

こちらのラーメンはサービス方法に特徴があって、客があらかじめ配られる用紙に記入する事で、辛さのレベルや麺の硬さ、トッピング、こってり加減など細やかに味の好みが選べます。また客一人一人個別に仕切られたカウンターでラーメンを味わう事が出来るので、女性でも人目を気にせずにラーメンを楽しむ事が出来ます。コクがしっかりしているのに雑味が無くって、あっさりすっきりしています。

さて、昨日の続きでクリスマスのご馳走について…。

ワインと、チキンとクリスマスケーキが揃ったら、あとはお魚やお野菜等があると、よりリッチ。また、お口直しのシャーベットなどがあると気が利いた感じに…。

☆スモークサーモンサラダ(マリネ)

この時期、とっても美味しくなるサーモン。スモークサーモンも手に入りやすくて使いやすい食材。

①レタス、スライスオニオン(少し水にさらしたもの)とサーモンをなます用の味付け酢であえる。(なます用の酢は甘味と酸味のバランスが絶妙で、且つ野菜に染み込みやすくなっているので、マリネにも最適です。)

②塩コショウと好みのオイル(アーモンドオイル、オリーブオイル等)を加え混ぜ、味を調える。

③アレンジとしては食べる直前に松の実や胡桃を散らしたり。皮を除いたオレンジスライス、皮付きリンゴのスライス、ブラックオリーブのスライス、ケッパーを散らすと色味が綺麗なサラダになります。

より簡単なアレンジとしては…スモークサーモンで巻いたタラモサラダ。なかなか素敵なクリスマスらしいサラダが演出出来るかと思います。

明日はクリスマス。私もブログはお休みして、ご馳走に専念しますネ♪

では、また(^0^)

ランキングに参加しました。クリックしていただけると嬉しいです♪ありがとうございます。

にほんブログ村 料理ブログへ